So-net無料ブログ作成

16ブロック [見た映画]

最近、大作のヒットに恵まれないブルース・ウィリスの新作
『16ブロック』を観賞したよ。
なかなかジーンとさせるバディムービーでした。
老けたブルース・ウィリスとデヴィット・モースのとんち対決。
ジジイ化したウィリスは、これまでのようなもったいぶったウザさが薄れ、
人生諦めた駄目アル中警官を好演しているし、
デヴィット・モースのヒールっぷりにもシビレたよ。
このおっさんはもっと悪役やったほうがいいな。
そして相手役のモス・デフのウザっぷりが素晴らしい。
口を開くたび観てる人イライラさせるなんてかなりのもんだよ。
あのすごい訛りさあ…自前なのかな?

ちょっと『ダイハード』(1作目ね)っぽいところも好きです。
16ブロックってたった1.6キロなんですって。

データをよくよく見たらモス・デフさんは、ニューヨーク生まれ、ちゃきちゃきのブルックリンっ子だったね。ならば、あそこまでまで訛らんでも。東京もんがおかしな名古屋弁喋ってるようだ。

フォガットン [見た映画]

ごめん! ネタバレなんだけど言わしてください。

フォーガットン

フォーガットン

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/29
  • メディア: DVD

バシルーラだ! 映画界初のバシルーラ映画ですよこれは。
いろんな所で酷評されているように、謎解きミステリーだと思わせるような
宣伝が失敗だったわけでね。ジャンル、バシルーラだと思って観れば楽しめる
んですよ。整合性のない突っ込みどころ満載のスプリクトも、すべてバシルー
で解決。すげえ。あっぱれじゃ。

しかし、主役がジュリアン・ムーアとあれば、誰だって正座して、
謎とやらを拝見しようじゃないか! って思うよね。
タイトルロールでは"とめ"扱いのアンソニー・アドワーズ(ドクターグリーン)も
精彩に欠け、さっぱりなフィーリングだし、
ゲイリー・シニーズ(マック主任)の使い方もなんかもったいないよなー。
『ドリーム・キャッチャー』など、スティーブン・キングの万人に受け入れられにく
い作品が好きな人や、シャマラン監督に寛大な人にはオススメです。


今更ハチクロ [押した品]

今更ですが「ハチクロ」を買いました。

8巻まで借りて読んだので家には9巻と最終巻しかなかったものでね。

 

 


別バラ [業務日誌(こぼし業務含む)]

女子は「デザートは別バラ」ってよく言いがちですけど、
本当にさっき食べた肉が口から出そうでも、なぜか甘いもんだけは食べられるのよね。

写真は池袋の「銀兎」のデザート。
チョコとカスタードタルト、梨シャーベット、ピスタチオのアイスクリーム。
あー今日も写真の色が汚いねー。でも、とてもうまかったよ。
池袋、しゃれた店なんかいっこもないと思っていたらあった。
いろんなものがちょびっとずつ、気取ったご様子で出てくるので(一応ほめ言葉)、
女子にはうけると思いますぞ。
銀座店もあるようだが、銀座だったらもっとうまいもんが…(以下割愛)

パーティー用のマフラーを発注しました。イヒヒ。


 


ベトナム料理→ハンブルグ屋 [業務日誌(こぼし業務含む)]

ンコ先生の日誌の続きです。
そんなわけで新宿を歩き回った後、晩御飯は
つばめグリル(ハンバーグ屋)でポトフに入ったロールキャベツ食べた。
うーんと、携帯のneonで撮った写真は食べ物がいつも不味そうだなー。
(まるで普通のカメラでならおしいそうに撮れると、言わんばかりのいい草)
色が悪いけど、つばめグリルのメニューはどれもおいすぃと思います。

素敵なニットのベストと菓子用ゴムベラを買う予定が、お気に召すものが見つからず、
別のアイテム(スカート)で地雷除去。また余計な出費を!

あと年間手帳を買いました。今年はQuovadisのこれ。
手帳に関しては、ここ数年デザインやブランドにこだわることもなく、
たまたま立ち寄った本屋で薄くてかさばらないタイプを購入していましたが、
2007年度は、財布に合わせてオレンジ色にしました。
スケ帳は色々試したけど、見開き月単位がいちばんしっくりくるなー。
ただ月単位のは、ヒマすぎても忙しすぎても自分の予定を見てて切なくなりますな。

ソニプラにはソニプラ限定カラーなるキレイな色がありうれしい限りです。
デザインも増えてるし、女子にもオススメですぞ。


誕生日大全 [読んだ本]

今日気にいった名言
「いい乳だ!」(アルムおんじ)です。
ヤギのユキがいい乳を出して、おんじもハイジも大喜びというストーリー。
----
占いなどまったく興味がないまま、23年間生きてきた私ですが、
「すごいの! すごい当たるのよ。あたしの"運命の人"のところにダンナの誕生日があったし」
大手小町の人が大絶賛してたのを読んで うっかり押した本。
誕生日大全

誕生日大全

  • 作者: サッフィ クロフォード, ジェラルディン サリヴァン
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本


最初に見た自分の誕生日がけっこう当たっているフィーリングだったので、
知り合いの誕生日をかたっぱしから調べていったところ、
パーソナリティー関係はあんまり当たっていないように感じました。
冷静に考えれば、ひとつの項目にこんだけいろんなこと書いてあったら(およそ2000ワード)そりゃ何かしら該当しますよね。
相性占いとして、自分の「恋人・友人」「力になってくれる人」「ライバル」「運命の人」「ソウルメイト」なる誕生日がズラリと羅列されているのですが
あたいの場合、元彼が「力になってくれる人」の項にいたり、
付き合って2週間で振った男の誕生日が運命の人の項にあったりしたヨ。
これって「付き合って2週間で別れる運命」の人って、ことだったんだね!
うまくいっているご夫婦で、
それぞれの誕生日が「運命の人」「ソウルメイト」に該当するカプルに、まだお目にかかっていないので、ぜひとも該当者を探したいものです。
というわけで、読み物としてはなかなか面白いとおもいます。
合コンとかで使うと盛り上がるんじゃないかしらー。
しかし、分厚くて持ち歩く気になれません(B6/832P)し、
ナガには合コンの予定はありません。
----
今日はたいそうおいしいお魚いっぱいいただきました。
とても幸せです。活カワハギといふものを初めていただいたのですがー、

あまりにもおいしくて仰天です。
正直ふぐ刺しよりうまいんじゃないかなー。
あと、あんなに可愛い顔でつぶらな瞳で……。

 


ナガログ [読んだ本]

という名のブログを検索してみたところ、ヘルニアを克服して
がんばっているお父さんとか、長崎の新聞社とか、
ほかにも様々なナガログたちがいました。
気持ちいい快晴が3日も続いたというのに、風邪をこじらせて、
この三連休はずっと家でだらりとしていた。無念です。
睡眠&ビタミンなんとか回復気味。

働きマン 3 (3)

働きマン 3 (3)

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/10/06
  • メディア: コミック
「働きマン」3巻出てました。
フジの木曜深夜の「ハチクロ」の後枠でアニメが始まるようですよ! 
業界ものを見たり読んでいて思うのは、実社会ではみんな上司を
肩書きで呼んでないんじゃないかということです。
だってだって「編集長」って呼んでる人みたことないし。
たぶん課長! とか 局長! とか支配人! とかあんまり言ってないはず。
あ、でも、大手しょうしゃや大手メーカーでは、
ふつうに「永野課長、おっぺけ商事の田中さんからお電話です」
とか言っているのだろうか? 

マンゴー! [業務日誌(こぼし業務含む)]

マンゴージュースが猛烈に飲みたくなった午前5時すぎ。

コンビニ行ったら売ってるかしら?

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。